アシストチャンネルが新規復帰者同士の交流場に

アシストチャンネル――。
先輩冒険者による新規復帰者のアシストを目的として、2020年11月に実装された比較的新しいチャットチャンネルです。
これが2022年5月のウェルカムバックキャンペーンで、新規復帰者同士の交流の場として利用されていました。いいですね!


ff11gamesys195.jpg





アシストチャンネルの使い方


ctrl + Qでアシストチャンネルのテキスト入力ラインが開く
/aj 発言内容でも入力可能
・新規プレイヤーまたは復帰プレイヤー(前回ログインから48日以上経過)が利用可能
・新規ログインまた復帰ログインしてからプレイ時間が48時間を超えるまで発言可能
・メンター(新規復帰者のフォローを行う有志プレイヤー)は時間制限なしで発言可能

利用可能エリア
サンドリア(ドラギーユ城除く)/バストゥーク(大工房除く)/ウィンダス(天の塔除く)/ジュノ/セルビナ/マウラ/ラバオ/カザム/ノーグ/アトルガン白門/ナシュモ/西アドゥリン/東アドゥリン/タブナジア地下壕/チョコボサーキット/モグハウス

もっと詳しく知りたい方は公式サイトへ。



新規復帰者同士なら気兼ねなく使える


2022年5月のウェルカムバックキャンペーン開催直後から、バハムートワールドでは新規復帰者同士がアシストチャンネルを使ってコミュニケーションを取っている様子が確認できました。

オンラインゲームで既に出来上がったコミュニティに参加するハードルはとても高く感じられますよね。
しかし新規復帰者同士であれば「出来上がったコミュニティ」というハードルそのものが存在しません。コミュニケーションも積極的に行えるのではないでしょうか。
メンターはその様子を見ながら、必要なところだけアドバイスを流すという状況が生まれており、アシストチャンネルに大きな可能性を感じました。


どんどん使っちゃおう!


でも、本来の使い方と少し違うんじゃ…?と感じる方もいるかもしれませんね。
しかし気にする必要はありません。

新規復帰者同士がコミュニケーションを図るのは、アシストチャンネルの実装目的である新規復帰者のサポート(この場合は自助)の範疇と言っていいと思います。
普段はあまり利用されていないチャンネルですし、目障りだと感じる人は勝手にフィルターしているのでどんどん使っちゃいましょう!

課題


ff11gamesys198.jpg

アシストチャンネルを新規復帰者同士の交流の場としてみた場合、いくつかの課題が存在します。

48時間では短すぎる

初歩的な質問と回答の場としてみるなら適正な時間設定だと思われますが、コミュニケーションの場としてみると短く感じます。

アシストチャンネルからLSへの導線

アシストチャンネルで仲良くなった数名がメンターとなり、アシストチャンネルを私物化してしまう可能性は0とは言えません。
アシストチャンネルで形成されたコミュニティがスムーズにLSへ移行する導線も必要になりそうです。

メンター同士の交流場に取って代わる可能性

アシストチャンネルが活性化した場合、その役割に熱心なメンターたちが交流を深めていく構図も生まれるでしょう。
それ自体は良い事なのですが、そうなるとアシストチャンネルもまた「出来上がったコミュニティ」になってしまい、新規復帰者が発言しにくい場に戻ってしまう懸念があります。


今回の事例が良い方向へ流れるか悪い方向へ流れるかまだ分かりませんが、今後のFF11にとって重要なファクターになる可能性を感じています。
関連記事

コメント

非公開コメント

wearevana

りがみり

人生の半分がFFXIの人です。

banner_youtube.png
banner_twitch.png
banner_twitter01.png

ご要望ご依頼などはツイッターDMへ。

プライバシーポリシー

最新動画

りがみり配信所

今月のアンバスケード1章

今月のアンバスケード

ジョブポ&マスポ狩場案内

ジョブポマスポ狩場

ブログ内検索

記事カテゴリ一覧