アンバスケード1章メドゥーサ族攻略

2021年1月「アンバスケード-エキスパート」の攻略を書いています。
今月はメドゥーサ族リバイバル。


魅了


以下は全て難易度“とてもむずかしい”です。
難易度によって挙動やモンスターの数が変化しますので、他難易度については参考程度にご覧ください。




モンスターの特徴


全モンスター共通

ターゲットが数秒間視線をはずすと、ヘイトリセット+オーラ発生。
オーラ発生から30秒間ヘイト上昇無効状態。
リゲイン有り。HP減少に応じてリゲイン量増加。

Bozzetto Freyia 1

メドゥーサ族。
ボス扱い。
狩人(接近タイプ)。
イーグルアイ複数回使用。
他2体を何度でも復活させる。
産強石のダンス(全方位視線判定テラー+ヘイトリセット)
インペーリングディスリガード(敵中心範囲石化+死の宣告、視線を向けていると無効化)

Bozzetto Skathi 1

メドゥーサ族。
狩人(接近タイプ)。
Freyiaのイーグルアイと連動してイーグルアイ使用。
産毒石のダンス(全方位視線判定石化+毒)
インペーリングディスリガード(敵中心範囲石化+死の宣告、視線判定で無効化)
天の返矢(対象中心範囲瀕死物理ダメージ?+ヘイトリセット、HP半分以下で解禁)

Bozzetto Frigg 1

ラミア族。
狩人(接近タイプ、遠隔攻撃無し)。
通常攻撃に追加石化。
Freyiaのイーグルアイと連動してイーグルアイ使用。
ラクスバラディダンス(全方位視線判定魅了)
チェイシングディスリガード(敵中心範囲アムネジア+沈黙、視線判定で無効化)


編成と解説


全ジョブ共通

魔導剣士とマトンが定位置に付くまで、狩人、コルセア、風水士、白魔道士は一切の行動禁止。
戦闘中は 【剣orマ】【狩コ風】【白】 の3点に分かれ、3点が同時に視線技を貰わないよう充分な距離を保って戦う。

魔導剣士

Freyia と Skathi のタゲ維持担当。
サポナイト、エンボルド+クルセード、フラブラ推奨。
慣れてきたらガンビットとレイクで連携ダメージ支援。光連携ならイグニス、闇連携ならテッルス。

開幕フラッシュやガンビット等で Frayia と Skathi のみタゲを取り、適度に視線を向けながら西壁側へ運ぶ。
Frigg との距離が十分に取れたら、センチネルからの各種アビリティ魔法で一気にヘイトを稼ぐ。

2体に視線を向けつつ、産強石のダンス、産毒石のダンスの構えが見えたときだけ視線を外して無効化。
アビリティや魔法の発動硬直に注意。

Freyia 撃破後は、Skathi に視線を向けたままタゲ固定。

天の返矢でヘイトリセットになってもその場を動かず、視線を向けたままヘイト稼ぎ。
タゲを取り返すのは困難ですが、【狩コ風】が天の返矢を受ける事で再びこちらに戻ってきます。
下手に動いて【狩コ風】と一緒に視線判定技を受けるのが一番の悪手。


Skathi 撃破後は特にやる事はありません。

からくり士

Frigg のタゲ維持担当。
盾タイプのマトン推奨。

魔導剣士の後から近付き、マトンに Frigg のタゲを持たせ北壁側へ運ぶ。
そこでヘイトを上げてしっかり固定。

特殊技に巻き込まれないようにマスターは出来るだけ離れた位置からマトンを操作する。

狩人 コルセア

遠隔による削りを担当。
必要飛命1359+距離補正80。
シテレアパール(敵対心-20)装備推奨。
カオスロール、サムライロール。

Skathi の天の返矢でタゲが来ても、その場を動かず攻撃継続。
動いたり、攻撃を止めたり、視線を外したりすると状況は悪くなります。


風水士

各種支援を担当。
サポ白魔道士推奨。
インデプレサイス、ジオフレイル、狩人にエントラアジル、魔導剣士にヘイスト。

戦闘中は狩人の側で攻撃対象に視線を向けておく。

ストナやポイゾナを白魔道士と分担して行う。

狩人やコルセアがダメージヘイトでタゲを取ってしまう場合は、吟遊詩人に変更。
栄典(プレ)、メヌ、メヌ、冒険者のダージュ。

白魔道士

回復を担当。
プロテアV、シェルラV、アディアジル、オースピス、バストンラ、バブレクラ。

産毒石のダンスには、素早くストナ→ポイゾナ。毒放置厳禁。
インペーリングディスリガードには、素早くストナ→カーズナ連打。
他のダンス、チェイシングディスリガードは治療できないので放置。


攻略の流れ


1.強化完了後、魔導剣士とからくり士(マトン)が互いに離れた位置で担当のタゲを固定

2.【剣orマ】 【狩コ風】 【白】 に分かれ、視線判定技の影響を受け難い位置に立つ

3.Freiya → Skathi → Frigg の順に撃破


トリガー取得


Survival Guide でアラパゴ暗礁域、またはカダーバの浮沼。

前回との比較


装備品やダメージ上限アップ特性の追加によって、以前よりも戦闘時間が短くなりました。
これにより最大の事故要因である魔導剣士の視線技回避もその回数が減少し楽になりましたが、タゲ維持はより難しくなっています。


動画


1月13日(水)のライブ配信から、上記攻略に該当する部分を抜粋。
FFXIthum115.png
【FFXI】メドゥ―サさんとあっち向いてホイ【水曜定期】
関連記事

コメント

イワコシ

すんません、シテレアパールの敵対心ー20ってレギオンの中
だけじゃないんですか?解除の仕方とかあったら教えてください。

りがみり

Re: タイトルなし
レギオンエリア限定です。
アンバスケードはレギオンエリアを流用しているのでシテレアパールも効果があります。

通りがかりの冒険者

盾の位置に白とからくり以外全員配置してダンス回避無視作戦が割と楽でした。

りがみり

Re: タイトルなし
そういう方法もあるようですね。

愛読者その1

釣り方
いつも毎回すごくすごく参考にさせていただき、大変感謝しています。
もうすでにご存じだと思いますが
最初、向かって左側からからくり士が(盾より)先にFriggに近づくと、
何故か、Friggはからくり士のほうへ
Freyia と SkathiはほかのPTメンバーのほうに向かっていくので
そのあとのそれぞれのキープが非常にスムーズに行きます。
最初の位置決めさえ決まてしまえば、あとはそれほど事故が起きにくいので
まだの方はぜひお試しあれ。

りがみり

Re: 釣り方
初動がスムーズになるのはいいですね。
非公開コメント

wearevana

りがみり

人生の半分がFFXIの人です。

banner_youtube.png
banner_twitch.png
banner_twitter01.png

ご要望ご依頼などはツイッターDMへ。

プライバシーポリシー

最新動画

今月のアンバスケード1章

今月のアンバスケード

ブログ内検索

記事カテゴリ一覧