魔導剣士殴り盾用装備(2020年1月)

現在使用中の魔導剣士殴り盾用(命中&カット)装備です。


ff11run57.jpg


通常装備


メインエピオラトリー
サブウトゥグリップ
矢弾ヤメラング
FUバンド+3
RNコート+3
両手RNミトン+3
両脚RNトラウザ+3
両足RNブーツ+3
フサルクトルク+2
エングレイブベルト
左耳ディグニタリピアス
右耳テロスピアス
左指守りの指輪
右指VCリング+1
オーグマケープ
フサルクトルク+2
[1]HP+60
[2]STR+15 MND+15
[3]被ダメージ-7%
オーグマケープ
DEX+30 命中+20 攻+20
ダブルアタック+10%
被物理ダメージ-10%

サポナで命中1303、被物理ダメージ-24%、被ダメージ-25%、被物理ダメージII-25%。
マクロや着替えなどは従来の盾用をそのまま流用。通常装備をこちらに入れ替えているだけです。

精霊編成で連携のトスまたは延長を行う際や、自身を含めた複数人がヘイト上限へ達しタゲがクルクルするようになった場合に使います。
MB用の連携速度を上げたい場合はストライやAM3を利用します。

特上スシまたはマルカート栄典(歌+4以上)があればアンバス1章のとてむずでも通常攻撃を当てる事が可能です。(一部例外有り)
手持ちの装備を組み合わせているだけなので、突き詰めるのであればグリップやオーグマケープのオグメを変更した方がいいですね。
現状だと使う機会の少ない装備ですが、CLの上昇もないままアタッカーの火力インフレが続くようだと出番が増えてくるかもしれません。
関連記事

コメント

非公開コメント

りがみり

人生の半分がFFXIの人です。

banner_youtube.png
banner_twitch.png
banner_twitter01.png

ご要望ご依頼などはツイッターDMへ。

プライバシーポリシー

ブログ内検索

動画

記事カテゴリ一覧