ドメインベージョン改修

ドメインベージョンの改修が12月VUで行われるという事で、改めてこれまでの状況をまとめておこうと思います。


ff11zakki73.jpg


  • 人気が醴泉島に偏っている
    ジ・タはマイティスパイクフレイルで崩壊しやすく、ル・オンは飛翔モードで攻撃出来ない時間が多いため、消去法的に醴泉島に人が集まっていました。

  • 少人数だと時間がかかる
    ソロでの撃破も可能ではあるもののとにかく時間がかかります。削った分のHP持ち越しとはいえ、参加者の少ない時間帯では制限時間内の討伐が困難となり少ない参加者が更に減っていく現象が続いています。

  • 大人数だと評価が稼ぎ難い
    人数が多すぎると討伐までの時間が短くなり評価を稼ぐのも難しくなります。そのせいか一か所に張り付いて我先にと殴りかかる状況がよく見られました。

  • 頑張るほど評価が低くなるケースの存在
    プレイヤーの何らかの行動やその結果を評価基準にしているため、頑張ってタゲを取るとアブソルートテラーにより長時間行動不能に陥り評価を稼げなくなるケースがよくあります。

  • スパイクフレイル問題
    タゲ持ちが背後に居ると漏れなく強力な範囲特殊技スパイクフレイルを使用します。これを利用する事でフェイスの範囲回復技(主にセルテウスのリジュヴァネーション)を誘発し戦況を有利にする事が可能である一方、育成の進んでいないプレイヤーは成す術なく戦闘不能になります。

上三つは調整次第で解決を見る問題だと思います。下二つは利害が対立しているので難しいですね。
アブソルートテラーにより評価を多く稼いでいるプレイヤーを抑制し均一性を図る事ができますが、強くなるというゲームの本質を否定し強くなるほどストレスを溜める謎コンテンツになってしまいます。
スパイクフレイル誘発は少人数討伐の有効な手段ですが、対応できないプレイヤーの強制排除にも繋がってしまいます。
フォーラムより抜粋。
今回大きな項目として「ドメインベージョン」の改修を行います。
フラストレーションの原因となっていた要素を徹底排除し、
「新ドメインベージョン」とも呼べるコンテンツに仕上げていますので、ぜひお試しいただきたいです。
大人数でワイワイと遊べる要素は残しながら、少人数ないしソロでも楽しめる……目指した形になっているかは、
フィードバックを貰えると大変励みになります。
この文面を見る限りでは、上記問題点を改善してくれそうな予感がします。
ポイントによる報酬交換や報酬アイテムの追加も行われるそうです。
関連記事

コメント

-

常にオンじゃなく、モンハンみたいにオンオフ切り替えて遊べるシステムだったならもう少し長くめたかな。
常にオンだと、FFやりたいけど付き合いで長引いたり、途中に用事ができた時にすぐにやめられないから今日はやらない。 1週間位それが続くと、インするのがダルくなり、課金もしなくなってそのまま消滅って流れで俺も辞めた組ですからね。
初代モンハンが出た当時のままFF11が続いてるのは凄いけど、今のモンハンと画面とシステムを比べちゃうとやりたい方は・・・

豆G

ドメイン!お気楽に??
今回のドメインの回収は大賛成です。
復帰者に優しく、暇な時に気楽にメリポやジョブポ稼げ、報酬がもらえたら最高なのですがね!
時間つぶし?的に、楽しめたらよいですね!

りがみり

Re: ドメイン!お気楽に??
> 常にオンじゃなく、モンハンみたいにオンオフ切り替えて遊べるシステムだったならもう少し長くめたかな。

この辺が難しいところですよね。



> 復帰者に優しく、暇な時に気楽にメリポやジョブポ稼げ、報酬がもらえたら最高なのですがね!

ポイント交換に残魂が追加されたら骨肉のファーストタッチ合戦がはじまる…!

-

影響力のあるサイトで
スパイクフレイル誘発教の布教はどうかと思います
迷惑なパターンの方が圧倒的に多いです
ソロスキーがあとから誰か来てもお構い無しにフレイルフレイルフレイル
フェイス速攻消されまくりでストレス経験された方は少なくないはず
身内だけならともかく使い方はそれなりに気を使う戦法です

りがみり

Re: タイトルなし
種類にも寄りますが背後からタゲを取っているとアブソルートテラーを使用しません。
スパイルクフレイル戦術は単に効率的なだけでなく、大量与TPによるテラーハメ状態を避ける意味合いもあり、これを止めさせるという事はタゲを取る人に評価を稼がせないという事でもあります。

本文中にも書いていますが、利害が対立しているので難しい問題ですね。
非公開コメント

毎週火水土 生配信

Leaguemili Channel

ブログ内検索

りがみり





人生の半分がFFXIの人。

御意見、御要望、御依頼などはTwitterへ。