ドレパナムで★神在月

アンバスケード武器の両手鎌ドレパナムを装備して、★神在月とてむずに行って来ました。



ff11drk70.jpg



ドレパナム(両手鎌)
D366 隔528 DEX+20 INT+20 MND+20
命中+40 攻+30 魔命+40 魔攻+21
魔法ダメージ+226 両手鎌スキル+250
受け流しスキル+250 魔命スキル+250
スパイラルヘル
スパイラルヘル:ダメージ+100%
消費しているMPに応じて連携ボーナスアップ
Lv99~ 戦黒暗獣


その他の装備についてはコチラ→暗黒騎士両手剣両手鎌装備(2019年3月)



弱点を突きMBドレインでHP増強した後、暗黒ラスリゾで4連携。
インサージェンシー→エントロピー(重力)→コンスームマナ+スパイラルヘル(闇)→クワイタス(闇)

綺麗に決まれば、この程度まで削れます。

ff11drk72.jpg

アングータ(オグメ無し、他装備はドレパナムと同じ)、インサージェンシー→エントロピー→コンスームマナ+クロスリーパー→クワイタス(最後にマルチ発生TP1336)で削れたのはここまで。

ff11drk73.jpg

それぞれ7戦ずつ試したところ、差は殆ど感じられませんでした。
3連目4連目でドレパナム側が大きく引き離すかと思いきや、ストアTPやTPボーナス、エントロピーの性能差(メリポ1振り)が影響して引き離すところまではいかず。



この後エントロピーを撃つとドレパナムは弱くなる(MPが回復してしまう)のですが、エントロピーが無いと強い連携を発生させられないため、使わざるを得ず失速します。
WSミス等による連携不成立時のロスも考慮に入れると、安定性のあるアングータに軍配が上がるでしょう。
RMEAには及ばないもののそれに近い性能という点では、アンバスケード武器のコンセプト通りになっているのかなと。

ドレパナムを3振り調整した結果、副次的にモクシャ+30されています。
その影響か、特殊技使用の間隔が若干延び、弱点を突くまでの時間も延びてしまいました。
4連後2~3連で沈める過程は同じでも、クリアタイムは平均して数秒増える結果に。
動画はこちらになります。


今月のアンバスケード1章とてむずでも使ってみましたが、ギミック対応が優先されるため4連携を決め続けるのは難しく思ったほどの成果は出ませんでした。
関連記事

コメント

Y

コンスームマナを含む4WSの連携後は、リキャ回復までクワイタス⇒クワイタスでの単発闇連携で行けば、次の4WSの連携まではドレパナムの特性を生かせると思うのですがいかがでしょうか?

りがみり

Re: タイトルなし
確かに闇を出すだけならクワイタス2連でいいですね。
MP0時の連携ボーナスを先義後利枠(特殊枠)+0.45と仮定した場合、MP0ドレパナムのクワイタス2連2回で期待できる基本連携ダメージ総量は290%。
連携ボーナス無しの4連携(インサ→エント→クロスorスパヘル→クワイ)で期待できる基本連携ダメージ総量は420%。

高TPクロスリーパー(とドレパナムスパヘル)を除き、両手鎌WSはどれも似たり寄ったりのダメージしか出ないため、ドレパナムの連携ボーナスを強引に活かそうすると逆に弱くなってしまいます。
クワイタスがトアクリ並に強ければまた違ったかもしれません。
非公開コメント

Twitchで不定期生放送

Leaguemili Channel

ブログ内検索

りがみり





人生の半分がFFXIの人。

御意見、御要望、御依頼などはTwitterへ。