★笑み曲ぐ夢魔と むずかしいお試しPT編

セカンドLSの面々に誘われて新上位BF「★笑み曲ぐ夢魔と」へいってきました。
むずかしい2戦やっただけなので粗が目立つとは思いますが、感想や攻略など書いてみようと思います。
ちなみに、笑み曲ぐ(えみまぐ)とは顔を歪ませて笑う様のことらしいです。ニヤニヤという感じでしょうか



編成はナ狩狩白吟コ

特徴
  • 開幕ひきよせ有り
  • 床は抜けない
  • アスフロ技ルイナスオーメンは一回のみ
  • WSナイトメア、カコデモニア、カミサドー、ソムノレンス、ノクトシールド、ドリームシュラウド、アルティメットテラー、ナイトテラー、ネザーブラスト
  • 魔法スリプガII、ディスペガ、ブライガ、ドレイン、アスピル


入室には全員ファントムクォーツ【夢魔】が必要です。※クエスト「笑み曲ぐ夢魔と」クリアで交換リストに加わる模様

床は抜けないらしいという事前情報のみで突入しました。

1戦目は特になんの見所もなくあっさり撃破。
コロゾンコセレーテとパニシャスリングをドロップ。
これは楽勝だろうと2戦目5人で突入すると大苦戦の後なんとか撃破。
パニシャスリングのみドロップ。

ここまで極端な差が出るのはやはりディアボロスの特徴によるところですね。

なんといってもナイトメア(敵中心範囲睡眠+バイオ+ダメージで起きない状態)、これがやっかいです。
ケアルで起こせるのですが、範囲は非常に広く、こちらの魔法射程ギリギリでも巻き込まれてしまいます。
範囲外に逃れるには、四角形状のフィールドの隅に盾が位置し、その対角ぎりぎりまで離れる必要があります。
この安全地帯にケアルの使えるPCを常時一人待機させておけばナイトメアもこわくありません。
ただ、10秒ほどで自然に目覚めることもありました。
風水のヴェックスアトゥーンでもレジれないという話しなので、睡眠時間は命中判定無しのランダムなのかも?

次にやっかいなのがネザーブラスト(単体遠隔射程闇ブレスダメージ)。
これはブレスダメージでありながら魔攻に依存するという特殊な仕様になっており、敵のHPを減らしてもダメージを抑えることができません。
むずかしいの場合、ブレスカット無しで約1750ダメージ。上限50%カットしても800以上。
これだけならカットを積めば問題ないのですが、カコデモニア(敵中心範囲呪い)によりHP半分になった状態でこれをもらうと一気に危険域に達します。
さらにここにナイトメアやルイナスオーメン(敵中心広範囲HP割合ダメージ)が重なると・・・?

ディアボロス「ニヤニヤが止まらないわー笑み曲ぐわー、結果的に、ね」

これらの対策としては、
ケアルできるPCを一人対角に配置(ナイトメア対策)し、高火力で短期決戦を狙うのがいいと思います。
対角に配置するのは、その位置からアタッカーや白を支援できる吟orコが適任。
ということは、アタッカーは吟コが動かずに支援できる狩黒(精霊がどの程度有効かは未確認)が適任となってきますね。



WSの種類が多いので、いやらしい組み合わせが襲ってこなければ低めのHPと相まってあっさり倒せてしまいます。
しかし、いやらしい組み合わせが発生するとどうしようもないまま一瞬にして盾が落ちる可能性もあるギャンブルBF。
このいやらしさは旧BFと同じ感覚だと思っていいと思います。
関連記事

コメント

非公開コメント

りがみり

人生の半分がFFXIの人です。

banner_youtube.png
banner_twitch.png
banner_twitter01.png

ご要望ご依頼などはツイッターDMへ。
広告掲載等応相談。

プライバシーポリシー

ブログ内検索

動画

開閉式カテゴリ一覧