世にも奇妙なヴァナディール 2

世の中にはいろんな順序があります。
例えば名簿はあいうえお順、試験は成績順などのように、わたしたちは気がつかないうちに様々な順序の中で生活しています。
あ行の前にか行がくることが無いように、順序には一定のルールがあります。
ゲームにしてもしかり。
でも、もしそこが奇妙な世界だとしたら…。



ff11bag09.jpg



ff11ura68.jpg



ff11bag09.jpg



ff11ura69.jpg



サンドにも、サンドにもあるよ!
昔の世に奇妙を観ると、今の世の中で割りと近いところまで実現してるものがあってドキッとさせられます。
90年代には年功序列の崩壊も奇妙な物語として扱われていたようです。

台場の話に戻りますが、サンドとバスの仕様は微妙に異なるようですね。
どうやら範囲魔法でまとめてドーン!がやりにくくなっている?
物理優位か魔法優位か…どちらにしても石像やボスは魔法で処理することになると思うので、やっぱり範囲魔法でドーンに落ち着きそうな気もしますが、果たして。
関連記事

コメント

ねこ

No title
モーグリ「サンドにはなかった、いいね?^^(威圧」
という未来は見えた

りがみり

Re: No title
サンドと同様の光をバスでも確認できました。
これは演出で、別に光るバグが存在する可能性もありますが。
非公開コメント

りがみり

人生の半分がFFXIの人です。

banner_youtube.png
banner_twitch.png
banner_twitter01.png

ご要望ご依頼などはツイッターDMへ。

プライバシーポリシー

ブログ内検索

動画

記事カテゴリ一覧