• マクロに関する基本から応用までの覚書。以下<>は全て半角です。<lastst>サブターゲットで最後に指定した対象を示す代名詞。<lastst>を利用した連続トレード/ta <st> でトレードする対象を指定し、その後上記マクロを使用する事で連続トレードが可能。1行目を /ta <st> にしてもOK。ダイヤルキーのように自動でメッセージ送りから受け取りまで完了するものに関しては連続トレードマクロが成立します。そうではないも... 続きを読む
  • マクロに関する基本から応用までの覚書。以下<>は全て半角です。/recast「/recast アビリティ名または魔法名」で、指定したアビリティや魔法の再使用時間をログ表示させる事が可能。エコーと同じく自身のログのみに表示されます。1つのマクロで主要なものを複数表示するもよし、使用した魔法のリキャストを都度確認するもよし。リキャストの短いアビリティは体感で身に付くものなので、リキャストの長いアビリティやヘイスト支... 続きを読む
  • マクロに関する基本から応用までの覚書。以下<>は全て半角です。/echo「/echo テキスト」でログにテキストを表示する事ができます。他者からは見えません。スイッチング既に装備中のアイテムを /equip で指定した場合その行はスキップされます。 これを利用する事で実行する度に装備が入れ替わるマクロを作成可能です。やり方は「/equip 部位 アイテムA」「/equip 部位 アイテムB」の2行を wait 無しで記述するだけ。しかしこれ... 続きを読む
  • マクロに関する基本から応用までの覚書。以下<>は全て半角です。1キャラに20個のマクロブックが、1ブックに10個のマクロセットが、1セットに20個のマクロが作成可能です。合計マクロは4000個。通常はLTボタン( Ctrl )とRTボタン( Alt )ですぐに選択実行できる1セット20個のマクロを基本として使いますが、「/macro book」「/macro set」を利用する事で瞬時にブックまたはセットを変更する事が出来ます。... 続きを読む
  • マクロに関する基本から応用までの覚書。以下<>は全て半角です。/equip「/equip 部位名 装備名 収納場所」で一部位の装備変更が出来ます。部位名は head や body などの半角英字またはタブ変換で指定。装備変更欄の部位名mainsubrangeammoheadneckear1ear2bodyhandsring1ring2backwaistlegsfeet装備名は全角半角完全一致のアイテム名またはタブ変換で指定。収納場所は半角数字で指定。0:マイバッグ1:モグワードローブ12:モグ... 続きを読む
  • マクロに関する基本から応用までの覚書。以下<>は全て半角。waitマクロの行間に指定した数値分の待ちを発生させるコマンド /wait 、または代名詞 <wait> 。 wait 1 =約1秒。61以上と小数点以下は指定できない。コマンドはそれのみで1行を消費するため基本的に使う事はありません。代名詞はテキストコマンドの最後に半角スペースを空けて記入します。例:「/ws ファストブレード <t> <wait 1>」→ファストブレードの構え... 続きを読む
  • マクロに関する基本から応用までの覚書。1回目は基礎の基礎からやっていきたいと思います。マクロとは一連の行動をボタン一つで実行する、最大6行からなるテキストコマンドの集合体。マクロ作成編集は、メイメニュー→マクロ機能→マクロ編集からマクロブックを選択して行う。作成したマクロの実行は、LTボタンまたはRTボタンでマクロパレットを開き選択決定。キーボード操作の場合は Ctrlキー または Altキー。テキストコマン... 続きを読む

Twitch 生放送

Leaguemili Channel

ブログ内検索

りがみり





人生の半分がFFXIの人。

御意見、御要望、御依頼などはTwitterへ。