ちくちく削るよヴァンパイアデッキ【シャドウバース】

第3段カードパック「Rise of Bahamut/バハムート降臨」によって様々なデッキに変化が見られるようになりました。
その中からヴァンパイアデッキのひとつについて考察を書いてみようと思います。

スポンサーリンク

ちくちくヴァンパイアデッキ

現在、私のヴァンパイアデッキはこれがメイン。

デッキの考え方としては、序盤から相手リーダーを1ダメージずつちくちくと削っていき、
最後に血餓の女帝でトドメを狙いにいく形となっています。
まだまだ改良の余地があるので、変更が加わる可能性大。

 

新カード

デッキに入れたROBカードはこちら。

レヴィオンデューク・ユリウス

2/1(3)/3(5)
相手の場にフォロワーが出るたび、相手のリーダーに1ダメージ。

 

吸血貴・ヴァイト

3/3(5)/2(4)
【守護】
【交戦時】 フォレストバット1体を出す。

 

サディスティックナイト

3
自分のリーダーに2ダメージ。相手のフォロワー1体に6ダメージ。
【エンハンス】 7; その後、ビーストドミネーター1体を出す。

 

血餓の女帝

7/4(6)/5(7)
【ファンファーレ】 相手のフォロワーすべてに2ダメージ。
相手のフォロワーが破壊されるたび、相手のリーダーに1ダメージ。

 

中でも一番効果が大きいと感じるのは、ユリウス
体力3のため2~3ターン目では処理され難く、放置されれば序盤で一気にリーダーを削ることが可能。
2ターン目にこれを出すと相手はその処理に追われることとなり、想定外のプレイを強要できます。

ヴァイトユリウス、ヴァンピィ、吸血鬼の古城との相性が良く使い勝手が良い。

サディステックナイトは、序盤で強力なフォロワーを展開されても対応でき、
エンハンス7(更にビーストドミネーターを出す)を利用すれば終盤でも力を発揮してくれる非常に優秀なカード。
多くのヴァンパイアデッキで採用可能だと思います。

血餓の女帝はトドメ用ですが、出すタイミングは難しい。
5ターン目、6ターン目から女帝を視野に入れたプレイが求められます。

 

得意なデッキ、不得意なデッキ

得意なのは、多数の低スタッツフォロワーを展開するデッキ。
事故がなければ5ターンで決着を付けることも可能です。

不得意なのは、スペルによる攻撃をメインとするデッキ。
その性質上、相手がフォロワーを展開してくれないとどうにもならないので、
スペルデッキに対しては一方的にやられてしまいます。

 

ROBで全体ダメージカードが多数追加されたため、低スタッツフォロワーを並べるようなデッキは減っていくと思われます。
ちくちくヴァンパイアが通用するのも今だけかな・・・?

©Cygames,Inc.

スポンサーリンク

-シャドウバース, トレーディングカード
-