RoB血餓の女帝考察【シャドウバース】

12月29日に追加予定の第3段カードパック「Rise of Bahamut」。
徐々に明らかにされるその新カードについて、気になったものをピックアップし考察を書いています。
今回は「血餓の女帝」です。

スポンサーリンク

血餓の女帝

ヴァンパイア レジェンド
進化前 7/5/5
【ファンファーレ】 相手のフォロワーすべてに2ダメージ。
相手のフォロワーが破壊されるたび、相手のリーダーに1ダメージ。
進化後 7/7/7
相手のフォロワーが破壊されるたび、相手のリーダーに1ダメージ。

 

使い方次第で、トドメやプレイ牽制など多くのことを狙えるカード。

 

弱フォロワーを多数展開してくる相手に対しては、カウンターで使用しトドメを狙う事もできます。
その事を相手に警戒させることで、プレイを制限させたり復讐能力の活かしやすい状況を生み出すことも可能。

6~7ターン目は比較的フォロワー数の多くなるターンのため、コスト的にもタイミングがマッチしています。
そのせいか、ダメージは2と低い設定。
直前の6ターン目でどう動くかが重要になってくるでしょう。

相性のいいカードとしては、6ターン目に使用する用途として、エンジェルバレッジデモンストームが挙げられます。

他にも守護フォロワーとの相性がいいですね。
守護フォロワーへ攻撃する際、低体力で自分のフォロワーを残そうとする行動を逆手にとって血餓の女帝に繋げると…。
相手が血餓の女帝を警戒する動きを見せれば、7ターン目8ターン目での復讐活用も視野に入ってきます。

使い方次第でアグロデッキにもコントロールデッキにも組み込める優良カード。

©Cygames,Inc.

スポンサーリンク

-シャドウバース, トレーディングカード
-