RoB古き森の白狼考察【シャドウバース】

12月29日に追加予定の第3段カードパック「Rise of Bahamut」。
徐々に明らかにされるその新カードについて、気になったものをピックアップし考察をかいてみようと思います。
今回は「古き森の白狼」です。

スポンサーリンク

古き森の白狼

エルフ レジェンド
進化前 8/4/4
【突進】
【ラストワード】次の自分のターン開始時、コスト最大のエルフ・カード(古き森の白狼を除く)をランダムに1枚、自分のデッキから手札に加え、そのコストを0にする。
進化後 8/6/6
【ラストワード】次の自分のターン開始時、コスト最大のエルフ・カード(古き森の白狼を除く)をランダムに1枚、自分のデッキから手札に加え、そのコストを0にする。

 

マグナボタニストエルフキング・ヴァルト白銀の矢との相性が良さそうです。

 

マグナボタ二ストは、完全な劣化セージコマンダーだったものがその上位的存在になり得ます。
ただし、9ターン目のフォロワー強化はこのゲームにおいてやや遅い展開となりますので、
それに意味を持たせられるようなコントロールデッキの構築も必要でしょう。

 

エルフキング・ヴァルトは、自身を含め0コストカード3枚をプレイできるのが強い。
リノセウスとのコンボで一気に勝負をひっくり返せるだけのパワーを持てるようになります。

 

白銀の矢は、9ターン目に最大でリーダーの体力を18削れる可能性を持つようになります。
手札を減らさないようにしつつ8ターン目まで耐えて、古き森の白狼で突進し、
9ターン目にコスト9の白銀の矢とコスト0の白銀の矢を放つだけなので、プレイが比較的簡単なのも魅力。
エルフ版セラフ・ラピスになれるかも…?

 

エルフの優秀な高コストカードというと、ローズクイーンがありますが、
相性はあまりよろしくないと感じます。
古き森の白狼を加えても序盤の事故率を高めるだけになりそう。

 

高コスト帯に優秀なカードが少ないエルフにとって、やや扱いにくいカードですが、
今後の追加カード次第では大きく化ける可能性を秘めています。

©Cygames,Inc.

スポンサーリンク

-シャドウバース, トレーディングカード
-