個人的メタ相関図【シャドウバース】

マスターランクマッチを繰り返しています。
その中で気付いたメタの相関関係を書いてみたいと思います。

img_1445

スポンサーリンク

メタ相関図とデッキ例

冥府
【冥府エルフ】
【冥府ウィッチ】
テミス
【エイラビショップ】
【疾走ビショップ】
【陽光ビショップ】
超越
【超越ウィッチ】
【超越土ウィッチ】
アグロ
【乙姫セージロイヤル】
【リザテンポエルフ】
【疾走ドラゴン】

※プライズ、スタンダード、ダークネスのカードパック3種前提
※新カードパックの追加で相関関係も変化します

 

考察

ランクマッチを繰り返した経験上から、上記相関関係でメタが回っていると考えています。

これが分かったからメタり放題かというと、そう簡単なことではありません。
使用者の多いデッキに対抗しようとするのは自分だけでありませんので、
メタは常に巡っているのです。

img_1448

12月1日に超越多めだった環境が、
12月3日にはビショップが多めの環境となり、超越は激減していました。

img_1440

マスター帯ともなると、1日置き、下手をすると数時間周期でメタが回るため、
今どの系統が多いのか?をまず知ることから始めなくてはなりません。
先に述べたようにメタろうとするのは自分だけでなく、殆どのプレイヤーが考えていることなので、
最低でも10戦、できれば20戦は行わないと現在の傾向を掴むのは困難です。

これは、「空き時間に少し」というようなプレイスタイルではポイントを稼いでいくことが困難であることも示しています。
たまたま上手く環境上位になっていれば連勝しますし、たまたま環境下位になっていれば連敗します。
これでは長期的にみてポイントを増やしていくことはできませんね。

最低でも2種、できれば3~4種の異なる系統デッキを使いこなし、
十分な時間をとって連戦を行える状態にしないとマスターポイントを稼いでいくことはできないのかもしれません。

えぇ、そうです。
私のマスターポイントは全然増えていません!w

img_1441

10戦ほどやってボロボロに負ける→傾向を見て対応デッキに変更する→元のポイントまで戻す→電池切れ終了
この繰り返しばかり。

©Cygames,Inc.

スポンサーリンク

-シャドウバース, トレーディングカード
-