鋭利な一裂きの裏側【シャドウバース】

普段あまり目にしないカードの裏側。
それを見ながら、ゲーム内外を問わずいろんなことを書いてみようと思います。
今回は、「鋭利な一裂き」。

svvam2eiri

スポンサーリンク

裏側

img_1368

私を…本気にさせたな。もう、誰にも止められんぞ…この、私にさえもな!

 

鋭く切れ味のよい(爪や刃物)の攻撃。

 

描かれているのはバフォメット。

sveiriura

悪魔の象徴として、黒山羊の頭を被った絵を見たことがある人は多いのではないでしょうか。
それがバフォメットです。

中世ヨーロッパで反キリスト教を掲げる集団が崇拝していたとされる神の一柱。
しかしその姿が今のイメージになったのは意外と最近のことで、
19世紀にエリファス・レヴィが黒山羊の頭を被った上記の絵をバフォメットとして発表したことによります。

黒ミサ(ミサの反対の行為を行う儀式)を司る神(悪魔)であり、
その不気味さを象徴するものとしてもバフォメットの姿がしばしば利用されます。
※黒ミサの儀式は過激なものなので、それを間接的に表現するための手段としてバフォメットは重宝されるようです。

魔女が崇拝していたことでも有名で、魔女と共に描かれることもあります。

タロットカードの大アルカナ属15番に描かれる悪魔もバフォメットであるとされています。
このカードが象徴するのは「よくわからないもの」であり、
そこに描かれているバフォメットは、男性と女性、更には様々な動物がごちゃ混ぜになっています。
手には猛獣の爪があてがわれているケースもあり、
「鋭利な一裂き」のカードにはその鋭い爪で一裂きする様子が描かれています。

©Cygames,Inc.

スポンサーリンク

-シャドウバース, トレーディングカード
-,