スウィートヴァンパイアの裏側【シャドウバース】

2016/11/20

普段あまり目にしないカードの裏側。
それを見ながら、ゲーム内外を問わずいろんなことを書いてみようと思います。
今回は、「スウィートヴァンパイア」。

img_1305

スポンサーリンク

裏側

img_1306

今晩は何を頂こうかしら?私の飢えを満たすのは、人間の生き生きとした…ふふ…分かる?

そう…輝きに満ちた人間の命ほど、素晴らしいご馳走はないわ…!明日への希望、人を愛する気持ち…全部食べてあげる…!

 

優しい吸血鬼。
 

吸血鬼とは、人の生き血を吸う怪物のこと。
何らかの原因で蘇り、超常的力を持った死者であることが多い。
吸血鬼に生き血を吸われた人間もまた吸血鬼になるとされます。

血は生命の源と信じられており、蘇った死者が生者の血液を求めるという考え方は古くからあったようです。
現在よく知られているのは東ヨーロッパの吸血鬼であるヴァンパイアですが、吸血鬼の伝承は世界各地で見られます。
古代ギリシャのラミア(の一種)、アラビアのグール、中国のキョンシーなど。

 

ヴァンパイアの場合、獲物が死ぬか同じ吸血鬼になるまで血を吸い続けることが主ですが、
本カードの場合は、ほんの少しだけ血を吸う(攻撃力1のドレイン)という特徴から、
優しいヴァンパイアと名付けられたと考えられます。

ただし、進化して攻撃力3ともなると優しいとは言えない性能になってきます。
そのことは、進化後の台詞にも表現されているようです。

svsweet01

コレは「優しい」のsweetと、「甘いもの」のsweetをかけている…?

©Cygames,Inc.

スポンサーリンク

-シャドウバース, トレーディングカード
-,