11月第1週のAA3周辺環境を考える【シャドウバース】

2016/11/20

AA3に昇格し、マスターランクを目指してランクマッチを繰り返しています。
今回は2016年11月第1週(2016/11/6~2016/11/12)のAA3周辺環境を考察したいと思います。

img_1293

スポンサーリンク

11月第1週前半

対戦していて多かったのが冥府エルフ。
次いでビショップといったところ。

私はひたすらテンポエルフで練習を繰り返していたのですが、
そろそろ冥府も練習しようと手を出しはじめました。

img_1289

やってみて気付いたのは、やはり簡単ではないということ。

冥府をやられる立場からだと、墓場を増やしてポンと出しているだけのようにみえるのですが、
実際には手札だけでなく、何を何枚墓場に送って、山札にはなにが残っているのかを正確に把握しておかなければならず、
それを通常の対戦を行いながらとなるとなかなか大変です。

しかも、実際に冥府で勝負を決められるのは勝利数の半分程度で、
残りはテンポエルフとしての動きになります。
冥府だけに拘っていると、勝ち越すのは非常に難しい…。

手札と相手を見ながらどちらで攻めるかを判断していくのは大変ですが、面白みもありますね。

普通、攻めパターンの多いデッキは中途半端になり実戦で通用しないものなのですが、
冥府エルフは上手く組み込めているようです。

 

11月第1週後半

マスター帯を中心にウィッチが増加。
冥府エルフとエイラビショップ両方をメタれるということで、使用者が急増したものと思われます。

冥府エルフの練習をはじめたばかりの私は、丁度いいカモになっていたことでしょうw

練習のためとはいえ、環境の後追いデッキはやはり駄目ですね。
おそらく今ウィッチを追っても、同じようにメタられるだけな気がします。

それなら!と、リザを入れたテンポエルフでウィッチへの反撃を試みますが、
そういうときに限ってウィッチと当たらない、当たりにくい。

img_1295

ようやく当たってもギリギリで押し負けたりw

このままエルフの練習を続けるか、メタを警戒してクラスから変えていくか、
どうしたものか。

そんな状態だったのでBPは殆ど増えていません。
マスターへの道は遠い…。

©Cygames,Inc.

スポンサーリンク

-シャドウバース, トレーディングカード
-