テンポエルフデッキ紹介【シャドウバース】

2016/11/20

AA3昇格へと導いてくれたテンポエルフのデッキを紹介させていただきます。
まだまだ未熟な構築力ですので至らない点も多々あると思いますが、よろしければご覧ください。

img_1217

スポンサーリンク

りがみり式テンポエルフ

img_1266

おそらく一般的なテンポエルフデッキと大きな違いはないと思います。
少し違うのは癒しのエルフを入れている点でしょうか。

現在の私の周辺環境では、
持ち札から削れる体力を算出して、計画的にトドメを狙ってくるアグロやミッドレンジデッキが多く見受けられます。
そのようなやり方をしてくる相手には、
1~2点、自リーダーを回復するだけでも狂わせることができるため、癒しのエルフを入れています。

3/1/4というスタッツも3ターン目に出すと除去し難く、
その後のターンに繋げ易い点も評価できます。

ですが、エイラビショップやブーストドラゴンのような高スタッツで圧倒してくる相手には文字通り焼け石に水。
そんな環境に偏ってきたら、エンジェルバレッジと共に別のコスト3カードに変更したほうが良さそうです。

テンポエルフを使っていて個人的に苦手なのは、冥府エルフ。
デッキの構成上、序盤で決着をつけることができず、
こちらが攻め始める頃に相手の冥府が出てくるので、そのまま押し切られてしまうことが多いですね。

©Cygames,Inc.

スポンサーリンク

-シャドウバース, トレーディングカード
-,