3ターン目で勝負は決まる?【シャドウバース】

対戦においての重要な節目はどこか。
ランクマッチを繰り返しながら気付いたことを書いてみようと思います。

sv3

スポンサーリンク

3ターン目に潜むなにか

環境が安定して互いの手札がある程度読めるようになると、3ターン目の結果で大よその勝敗が決まるように感じます。
なぜなのでしょうか?

img_1121

当ブログでも度々書かせてもらっていますが、シャドウバースは10ターンを越えるような長期戦を許容していません。
仮にそのようなデッキが環境トップに躍り出たとしても、冥府やサタンやセラフといった長期戦ストッパーとも言えるカードに簡単にメタられるからです。

必然的にアグロやミッドレンジに集中するわけですが、それらのデッキにとって4ターンは重要な節目といえます。
4ターン目は後攻が進化可能になり、4コスト帯には進化による効果が大きいカードが揃っているからですね。

ここで重要なのは、環境が安定すると4ターン目のベストな動きはほぼ固定されているという点。
ロイヤルならフローラルフェンサーや御旗ですし、ウィッチならマーリンといった具合です。
予想外のカードが出てくることはまずありません。

そんな重要な4ターン目に予想される動きを1~3ターンの間でどう牽制できるか、あるいは加速させられるかが勝敗を決するといっても過言ではないわけです。

3ターンほどで早々にリタイアしてしまう人がたまにいますが、単に手札が事故ったというだけでなく、
このゲームは3ターン目までで大よその結果が予想できてしまうからだと思います。

©Cygames,Inc.

スポンサーリンク

-シャドウバース, トレーディングカード
-