AA2到達【シャドウバース】

2016/11/20

どうにかこうにかAA2へ昇格しました。
今回はAA1帯の対戦を振り返ってみたいと思います。

img_1090

スポンサーリンク

AA1帯のランクマッチ

AA1にランクアップ後は3種のビショップを使い分けて少しずつBPを稼いでいきました。
環境トップはエルフとビショップであるという認識が広まりつつある状況で、その使用者も多く見受けられましたが、
それを上手くメタっていこうという考えの人も割りと多く居た印象があります。

エイラ対策が多く目に付く日には疾走で、疾走対策が多く目に付く日にはエイラでという風に使い分けつつ割と順調に稼いでいたと思います。

そのランクの中間地点までくると一安心してしまうせいか、いろんなデッキを試したくなってしまいます。
AA1帯でもBP39000くらいからデッキを試したい衝動に駆られ、変なデッキを作っては返り討ちにあっていました。
アグロエルフやミッドレンジネクロ、初期のアグロヴァンプに新カードを混ぜてみたものなどを作っては試し、やられては改良を加え…
かなり長い間BP39000~40000の間を行ったり来たりしていました。

結局はまたビショップに戻ってBP稼ぎに集中し始めたのですが、この頃になると対戦相手の殆どがエルフorビショップという極端な状況に。

超越ウィッチや土ウィッチ、ミッドレンジロイヤルなど、対ビショップを意識したデッキは殆ど見なくなってしまいました。
メタレポートの影響もあるのかな?

個人的にはビショップを使っているときのミッドレンジロイヤルがとても苦手だっただけに有り難い限りですが、
同じデッキ同士の対戦と言うのは文字通りジャンケンになってしまうので、それはそれで味気ないような気もしてしまいます。

ビショップの中でも特に疾走ビショップの人気が高く、私もこの頃には疾走ビショップの使用率がかなり高くなっていました。
エイラビショップは序盤にエイラを引けないと、アグロ系にあっという間に轢かれてしまいますからね…。

img_1094

疾走ビショップ同士なら5ターン前後で大よその決着が付くため、対戦回数を増やせるメリットもあってか使用者が急増。
エイラ疾走陽光の3種を使っていた私のビショップも、気付けば疾走のみに。

そんな疾走ビショップジャンケンを繰り返しつつ、どうにかAA2へと到達することができました。

 

プロフィール

現在のプロフィールがこちら。

img_1092

勝利数は+120ほど。

BP39000~40000を行ったり来たりしていた間にかなりかさんでしまいましたが、
これでもやっぱりA1での停滞期よりはマシと言えます。

A1はTCGというゲームを学んでいた期間でもあるので、無駄ではなかったと思うのですが、それにしても停滞感が酷かったw

 

BP40000台に突入しマスターランクも見えてきた気がします。
まずはAA3へ向けて頑張るぞ!

img_1093

©Cygames,Inc.

スポンサーリンク

-シャドウバース, トレーディングカード
-