AA1到達【シャドウバース】

ランクマッチを繰り返してAA1に到達しました。
今回はAA0帯の戦いを振り返ってみたいと思います。

img_1041

スポンサーリンク

AA0帯のランクマッチ

svde01

「ダークネス・エボルヴ」追加直後の混乱に乗じてなんとかAA0に昇格を果たした後、
それまでのメインデッキだったアグロネクロが殆ど通用しない状況に陥り頭を悩ませていました。

蝿の王が3枚手に入ったので、ミッドレンジネクロに切り替えてなんとかチマチマとBPを稼ぐ日々。
そんな中、エルフとビショップが環境のトップに躍り出ます。

乗るしかない、このビッグウェーブに!

クリスタリアデッキを更に強化したり、エイラビショップを作ってみたり、
いろんなデッキを作ってはランクマッチでお試しを繰り返していました。

試作デッキをどこで試すかについては色んな考え方があると思いますが、私はランクマッチで試しています。
殆どの場合コテンパンにやられてBPを下げてしまう結果になりますが、自分が使う上での実用性を知るにはやはりランクマッチで試すのが手っ取り早いのかなと。

ということで、BP35000周辺ではデッキを作ってやられ、また作ってはやられを繰り返していました。
対戦していて強い人を見ると、あのデッキ作ってみたい!と思って実際に手を出したりするのですが、
多くの場合はうまく組めずに負けますw
「いや!このデッキはこんなもんじゃない!もう少しだけ」とのめり込んだ結果BP-1000になったことも。

最終的には、エイラセラフビショップ、疾走ビショップ、陽光サタンビショップのビショップ3種でAA1へ到達。

ビショップは使用者が多いためメタられることも多いのですが、大量のエーテルを注ぎ込んでしまった手前諦めきれずにいろんなデッキを試しました。
その結果3種もできてしまったので、使い分けながら一番勝率のいいものを探している内に昇格した感じです。
意外だったのは陽光サタンがそれなりに通用すること。
多くの人が新しい環境を取り入れようとしているために、逆に意外性をついていたのかもしれませんね。

img_1045

ビショップを使いまくったおかげでレベルも100に到達しました。

対戦相手の傾向としては、3~4割がビショップ、2~3割がウィッチ、1~2割がエルフ、残り1~2割がロイヤルネクロヴァンプ。
ビショップが多いということでネクロには厳しい戦いになると思われましたが、ミッドレンジネクロで上手くついてくる人も結構います。
エイラビショップなんかだと消滅もそんなにこないですしね。
個人的にはヴァンプを相手にするのが一番怖いです。
リーダーを削りにいくタイミングが相手の手札次第なので、毎回一か八かの賭けをすることに。

ドラゴンさんはヤバイ、殆ど見ない、あんなに居た疾走ドラゴンさんはどこへ・・・。

 

プロフィール

現在のプロフィールがこちら。

img_1043

勝利数が+100強かかりましたが、A1での停滞期に比べればだいぶマシでしょう。
クラス別勝利数はエルフとネクロが微増、ビショップが+60以上の大幅増。

 

その他気付いたことなど

AA1になるとマスターの人とも当たるようになるんですね。

img_1042

マスターはマスター専用のポイントがあるっぽい?

はじめてのフレンド登録申請もいただきました。
おそらく対戦した方だと思いますが、申請を受けるとやはり嬉しいものですね。

しかしそれに気付いたのは1日経った後という・・・w
このシステム気付かない!気付き難い!

フレンドってどういうことができるのでしょうか?
まだよくわかっていません。
ゲームを一緒に遊ぶフレンドというより、ツイッターのフォロワーみたいものでしょうか。
フォロワーと言うと場に出て戦ってもらいたくなるから困る。

©Cygames,Inc.

スポンサーリンク

-シャドウバース, トレーディングカード
-