ダークネス・エボルヴ追加後の環境変化を考える【シャドウバース】

2016/10/07

第二段カードパック「ダークネス・エボルヴ」が追加されてからもうすぐ1週間になります。
追加前後で環境にどんな変化があったのか、考察してみたいと思います。

img_0966

スポンサーリンク

DE追加前

各種アグロ系、冥府、サタンが環境の上位に君臨していました。

svneu4meifu

svneu10satan

基本的にはロイヤル ドラゴン ネクロマンサーのアグロ系が席巻していて、そのアグロを止めつつ成立させられる冥府エルフと各クラスのサタンデッキが生き残っていたようです。

アグロ系が席巻していた理由としては、単純明快で簡単でありながらその猛攻を止める手段が乏しかったことが挙げられるでしょう。
また、勝つにしても負けるにしても短時間で結果が出るため好んで使われたというのもあったと思います。

 

DE追加後

猛威を振るっていたアグロ系が一気にその勢いを削がれました。

これは低コスト帯に放置できないカードが多数追加されたことによるもの。
場の処理を行わず相手リーダーのみを攻撃していると、放置していた低コストフォロワーがリーダーを回復したり強スタッツ化したりして一気に逆転されてしまうのです。

img_1030

アグロデッキで場の処理を行おうとすると相手リーダーを削ることが出来ないままターンのみが進み、デッキ構造から高PP帯での戦いに対応できずあっさり負けてしまいます。
端的に言えば、環境がアグロからミッドレンジに移ったということのようです。

img_1031

現状では、ティアやシンシアを利用したエルフや各種アミュレットで準備を整えて一気に攻勢をかけるビショップといったミッドレンジデッキが環境上位に君臨しているようです。
ミッドレンジ同士の泥仕合も散見されるようになり、勝負を決めきれる高コスト帯のカードの重要性も増してきた印象があります。

「ダークネス・エボルヴ」追加後の環境はまだまだ成熟していないため、これからも大きな変化があると思われます。
果たして現在のエルフやビショップを駆逐していくようなデッキは登場するのでしょうか?
対戦を繰り返す中でその様子をリアルタイムに感じていきたいと思います。

 

おまけ?

個人的に一番ヤバイと思う変化がこちら。

img_1032

これはひとつ上の画像でトドメを刺した後のリザルト画面なのですが、勝ったにも関わらず何故かこちらが負けになってしまっていますw
トドメを刺すのと相手の応答待ちが同時に起こった?時に起こる現象のようで、長い長い勝敗確認待ちの後に何故かこちらが負けに。
しかもこれ、アップデート以降3回発生しています。

トドメを刺すと2~3回に1回は勝敗確認待ちになってしまうのでかなり重大な問題だと思うのですが・・・。

©Cygames,Inc.

スポンサーリンク

-シャドウバース, トレーディングカード
-