DE竜呼びの笛考察【シャドウバース】

第二段カード・パック「ダークネス・エボルヴ」。
そのカードの一部が公開されたので考察を書いてみようと思います。

svde01

スポンサーリンク

竜呼びの笛

dedra3ryuyobi

ドラゴン レジェンド
コスト 3
カウント
効果 【ファンファーレ】覚醒状態なら、自分の手札のコスト3以下のカードすべてを、ヘルフレイムドラゴンに変身させる。
覚醒状態なら、自分の手札にコスト3以下のカードが加わるたび、ヘルフレイムドラゴンに変身させる。

ヘルフレイムドラゴン

dedra2hell

ドラゴン レジェンド
進化前 2/4/3
【突進】
進化後 2/6/5
【突進】

【突進】は、場に出たターンでフォロワーのみ攻撃可能な新能力。【疾走】の下位。
フォロワーを出したそのターン中に進化させると相手のフォロワーのみ攻撃できますが、その状態と同じと考えて良さそうです。

一般的な疾走ドラゴンデッキに組み込むだけで大きな力を発揮すると予想されるカード。

このアミュレットがあることでコスト1~3のカードを多めにデッキに加えることも可能になり、
序盤の動きが遅いという唯一の欠点さえ補ってしまうかもしれません。

条件も覚醒のみであり、覚醒前に出してもその力は後に十分発揮されます。

疾走ドラゴンを使っていると相手の守護に阻まれるケースが少なからずありますが、ヘルフレイムドラゴンが加わることでその憂いも解消されるものと思われます。
【突進】はもちろんのこと、2/4/3という異例のスタッツも魅力的。

しかも元となる竜呼びの笛のコストがたったの3。
アミュレットを除去できるカードは最低でもコスト4、殆どはコスト5以上のため除去しにきても消費PP的に必ず優位に立てます。
ウィッチの変成の魔術はコスト面では同じですが、クレイゴーレム化した後処理まで考えると等価とは言えないでしょう。

竜呼びの笛が3枚あれば、ドローソースとコスト3以下で固めたデッキも面白いかもしれない。

 

放置でも危険、除去してもリソースを多く取られるという、相手にとっては非常にやっかいなアミュレットになりそうです。

©Cygames,Inc.

スポンサーリンク

-シャドウバース, トレーディングカード
-