ポケモンGOのはじめ方

2016/08/21

ポケモンGOのはじめ方について注意したい部分に説明を入れながら解説しています。
iphone6sを基準にしていますので、他端末の場合は画面表示が多少異なります。

スポンサーリンク

アプリ検索とインストール

IMG_0432

まず最初にAPPストアなどで「ポケモンGO」検索をかけます。
ここで注意したいのが、類似品や悪意のあるアプリ。

有名になってしまった「ポケモンGO」を利用して、検索した人に別のアプリをインストールさせようとするものが少なからずあります。
間違えないようにタイトル下に表示される提供元Niantic,Inc.までしっかり確認してからインストールしましょう。
どうしても不安があるという人は、公式サイトに張ってあるダウンロードのリンクからインストールを。

 

位置情報の取得

IMG_0433

インストールが完了したらアプリを開きます。
すると位置情報の取得を求めてきます。

これは端末に内蔵されているGPS機能へのアクセスを求める表示です。
ポケモンGOはゲームの仕様上位置情報を取得する必要があり、GPS機能へのアクセスは必要不可欠。
ここは「許可」を選択しましょう。

 

生年月日入力

IMG_0434

続いて生年月日を入力する画面に切り替わります。

ここは正直に入力する必要はありませんが、適当だと後々アプリの再インストールが必要になった時に思い出せなくなるので気をつけましょう。
また入力した生年月日によって自動的に年齢が計算され、未成年と判断された場合は機能の制限を受けることになります。

 

アカウント連動

IMG_0435

続いてアカウントの連動設定に移ります。

ここではグーグルアカウントかポケモントレーナークラブのアカウントを連動させる必要があります。
万が一アプリが消えてしまっても、このアカウントと連動してプレイ状態を復活させることが可能になるわけですね。
最近のゲームアプリでよく推奨される手法でもあります。
生年月日の入力結果によって未成年者と判断された場合はポケモントレーナークラブとの連動しか選択できませんのでご注意を。
どちらのアカウントも持っていないという人は、タップすることで対応するアカウント作成へ進むことができます。

 

ユーザーの把握とメール表示

pokemon07

続いて、設定したアカウントに対するユーザーの把握とメールの表示を求めてきます。

これはポケモンGOアプリと設定したアカウントとが、あなたのメールアドレスを通知などに利用することを意味しています。
それぞれの利用規約に基づいて適切に利用されますので「許可」でOK。
ゲームプレイ可能になるまであと少しです。

 

端末通知の設定

IMG_0437

最後に端末通知の設定が行われます。

これはポケモンGOアプリでなんらかの変化があった際に端末の機能を利用してお知らせしてくれる機能です。
新たなバージョンアップのお知らせであったり、なんらかのキャンペーン通知などが端末に直接表示されます。
この設定は後で自由に変更できますので「OK」を選んでおいて問題ありません。

 
お疲れ様でした。
いよいよポケモンGOをプレイすることができます。
まずはキャラメイクから楽しんでいきましょう。

-オーグメントリアリティ, ポケモンGO
-